2017年12月25日

校長が変われば学校は変わる?



櫻井翔主演のドラマ「先に生まれただけの僕」が最終回を迎えました。

学校モノのドラマは非現実的な傾向がありますが、このドラマはかなり実際の学校の課題を取り上げていたように感じます。

それが一番感じられたのは、民間人校長が学校の旧態依然の体質にメスを入れ、センセイ方の意識を変えていくというストーリー展開です。

これはまさに、杉並区立和田中の元校長藤原和博氏の学校改革に通ずるものがあります。



やはり、学校を変えるのは、校長の覚悟と実行力に他ならないのです。

私学の高校では、校長の決断で特色を出す学校が出てきています。そして、これからの少子化の時代に改革をしない学校が生き残っていけません。

公立の小中学校もそういう時代が訪れるはずです。現に学校選択制を取っている杉並区や品川区をはじめ、多くの自治体で行われています。

選択できない自治体でも、「今度の校長は何もしない」「ハズレのセンセイ」などと言われることもあり、よりよい学校にするための改革は避けて通れないのです。

その鍵を握っているのが、校長です。

お子さんの学校、地域の学校を、そういう目で見ると、校長が本気で学校を変えようとしているかが見えてきます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。