2018年11月12日

組織力が高い学校かどうかは、職員会議の少なさで分かる

学校の会議の中で重要な位置づけをされているのが、職員会議です。

職員会議っていったい何?

と聞かれたら、どう答えますか?

行事予定や学校の様々な取組について話し合う会議

と思われていますが、法的根拠で言えば、職員会議は最高決議機関ではありません。

学校運営が円滑に行われるように、校長が、所属職員の意見を聞いたり、校長の運営方針を周知させたり、職員相互の事務連絡を図るためのもので、補助的なものなのです。

ひと昔前は、職員会議が長々と続き、喧々諤々やりあったものです。
しかし、今では、ほとんど連絡事項と言ってもいいような内容ばかりです。

それでも

職員会議は毎月やるものだ

と主張するセンセイが、どこの学校にもいるものです。
校長が「会議を減らそう」と提案しているのに、「減らすべきではない」と主張するなんて、どこかおかしいです。
そういうセンセイは

職員会議は、反対意見を堂々と言ったり、全体の場で管理職を非難したりすることできる場

だと勘違いしているからです。
そんなために、センセイ方一人ひとりの貴重な時間が奪われているのです。

教員の時給は平均で2500円ぐらいです。
教員30人いる学校で2時間の会議を行ったら

2500×30×2=150000円

15万円分の価値を生み出す議論をしなくてはならないわけです。

付け加えると、職員会議の途中、ほとんどのセンセイは、丸つけなどの内職をしています。
こんな会議、いらないでしょ!

職員会議で議論しなくてはならない議題は、年にいくつかだけです。

《提案がある場合》
  ①部内で議論して、しっかりした計画を立てる。
  ②リーダーが、校長とミーティングをして決定する。
  ③校内LANなどで周知する。(必要であれば、電子掲示板を使って意見をもらう)


これで十分、学校は動きます。
職員会議が

ハイコスト・ローリターン

であることに、そろそろ気付きませんか?



  


Posted by nori910 at 21:42Comments(0)

2018年11月08日

会議のない学校にしたらどうだろう?

センセイの仕事が多忙になっている原因の1つに、

不要と思われる会議

が多くあるということが挙げられます。

その前に、

センセイが放課後にどれだけ時間があるか、みなさんはご存知ですか?

ある学校を例に挙げます。

子供たちが下校するのが、15時10分です。
センセイにも休憩時間があります。放課後しか休憩ができませんから、児童の下校後、15時30分から16時15分が休憩時間です。
センセイの退勤時刻は16時30分ですから、子供が下校してから、センセイが仕事をできる正規の時間は

1日に35分

しかないのです。その35分で

教室の清掃・整頓、明日の授業の準備、保護者への連絡、欠席した児童へのプリント届け、テストの丸つけ、成績処理、学級通信の作成などなど

いわゆる学級事務をしなくてはなりません。
これだけでも時間が足りないのに、放課後に諸会議が入っていない日がないぐらい、会議や研修が目白押しです。

私が経験した会議を列記します。(頻度については省略します)

【校内】
職員会議
校務運営会議
校務部会
学年会議
教科部会
生徒指導対策会議
校内支援委員会
特別支援ケース会議
学年主任会議
学校保健委員会
防災委員会
学校評価委員会
学力向上委員会
体力向上委員会
新年度計画会議
年度末反省会議
いじめ対策会議
校内研修
朝の打ち合わせ
帰りの打ち合わせ

【校外】
教育局主催の会議
市教育委員会主催の会議
市各種団体の会議
市教育研究会の研修会

地域、学校によって差異はありますが、これぐらいはどこの学校でもあると思います。

なぜやるか?

もちろん必要だからですが、別の理由として

やったかどうかの調査があるから

という会議もあります。
例えば、

「体力テストの前に、その実施方法を全職員で確認したか?」
とか
「学校医、学校歯科医、学校薬剤師を交えた学校保健委員会を年間何回やったか?」
とかが
調査物の項目にあるのです。

ともあれ
1日35分の貴重な放課後に、これだけの会議を行うのは不可能です。

この半分、いや全部なくしてみたら
学校はもっと生き生きするのではないでしょうか。




  


Posted by nori910 at 23:42Comments(0)

2018年11月05日

そもそも学芸会って何のための行事?

学校の二大行事のもう1つが「学芸会」です。
これも、どこの学校でもやっているのではないでしょうか。

演目としては、
「劇」「器楽合奏」「合唱」「踊り」
などがあります。

一生懸命に演技する姿に胸を打たれます。

それはわかります。
しかし、

練習にどれだけの時間がかかっているか、ご存知ですか?

そもそも教育課程の中に、「学芸会の練習」というのはありません。
そこで、前回示した「行事時数」などを使います。

それだけの時間で完成できるでしょうか?
無理です!


きちんと完成したものも見せたい
練習をしっかりやって完璧に仕上げたい


そう思うのが教員です。

そこで、器楽や歌は音楽で、踊りは体育で、劇は国語で
などと教科の時間を使う
ことが多いです。

ここで考えてほしいことは、

各教科の年間指導時数は、教科書の内容でほぼ満杯です。
そこに、学芸会の練習時間を入れる余地はありません。

さらに、劇は国語の学習内容にあるでしょうか?
奏する曲は、果たしてその学年の指導内容に適しているでしょうか?

そう考えると、やはり

学芸会は見世物

であると言えなくもありません。
そこで、「学芸会」ではなく「学習発表会」にしようと、

名前だけ変えた学校もあります。

しかし、内容は学芸会となんら変わっておらず
膨大な練習時間を費やしています。

小さい学校では、「劇」も「合奏」もしなくてはなりません。
さらに、「全校合唱」「全校舞踊」などもある場合もあります。

また、大きな学校では、全員が劇に出るわけではなく
「1つのセリフのため」「小道具づくり」のため、何時間も練習時間を使うわけです。

保護者や地域の人からすると
見ていて楽しい学芸会は残してほしい
と思うでしょう。

しかし、学校はもう飽和状態です。
スクラップ&ビルドしなくては
もう限界まできています。

授業時数が増える2020年度
学芸会をどう変えていくか
先生方の知恵の出しどころではないでしょうか。

今変えなければ、この先、きっと変わらないでしょう。




  


Posted by nori910 at 21:41Comments(1)

2018年11月01日

来年こそ運動会をやめよう

なんて書いたら、批判を浴びるでしょう。
学校を本当に改善するには、

今あるものを疑ってみる

ことが大切だからです。

学校で運動会をやるのはどうしてでしょうか。

保護者なら

毎年やっているから
やることが当たり前だから


と答えるでしょうか。先生は

教育的なねらいがあるから

とでも答えるでしょう。

学習指導要領には、特別活動の「健康安全・体育的行事」に位置づけられ、

心身の健全な発達や健康の保持増進などについての関心を高め,安全な行動や規律ある集団行動の体得,運動に親しむ態度の育成,責任感や連帯感の涵(かん)養,体力の向上などに資するような活動を行うこと。

と内容が示されています。
ただし、「運動会をやりなさい」と書いてあるわけではありません。

後半部分の記述から、「運動会が適切だ」ということで実施しているわけです。

それでは、各学校の運動会のねらいは何でしょう。

職員会議で「運動会実施計画」が提案されます。
そこに「運動会のねらい」が書かれてあります。
ですから

そのねらいを達成するために運動会を行う

のが正しいのです。運動会の種目も

ねらいを達成するために種目

であるのが本来です。
「去年もやっていたから」「先生がやりたい種目だから」
で決めるものではないのです。

一時期、徒競走の順位を決めるのはおかしいと、手をつないでゴールしたり、ゴール付近を目隠ししたりする迷走した学校もありました。

「なぜ、徒競走をするのか」「なぜ順位を付けるのか」

そのねらいが保護者にしっかり伝わっていればいいのです。

「運動会をやめよう」の根底には

見世物的な運動会やねらいが不明確な運動会になっていることを見直そう


という考えがあるのです。

《私が疑問に思う点》

◯やたら勝負にこだわる担任や子ども
◯運動会のクラス目標が「絶対優勝する」
◯個人の目標も「徒競走で1位になる」
◯毎年変わらない団体競技
◯何をやっているか分からない運命走(個人種目)
◯リレーの選手決め、リレーの補欠というあいまいなポジション
◯発達段階にそぐわないダンス
◯担当者の趣味で流すBGM
◯配当時間を大幅に超える練習時間
◯何度も行う全体練習
◯マイクの音量がうるさいと地域からの苦情
◯保護者の過激な席取り合戦
◯注意してもやめない喫煙・飲酒
◯本部席に入ってきてビデオ撮影をする保護者
◯学校周辺に出店する露天商
◯学校周辺の違法駐車

こうしてみると、「運動会のねらいはどこへ?」と思えてきます。

運動会をやめることはできないと思います。
だからこそ、

「ねらい」は何か?

に立ち返って、内容・練習時間・実施の見直しをしませんか。

  


Posted by nori910 at 21:53Comments(0)