2018年10月30日

ダラダラした朝の会・帰りの会はやめましょう!

小学校ならどのクラスでもやっている

朝の会・帰りの会

なぜやっているのか、説明できる先生はいるでしょうか?
学習指導要領に「朝の会・帰りの会をやりなさい」と規定されているわけではないのに、やっている理由は、何度もお伝えしているように、

ずっとやってきたから

理由はそれだけです。

先生が子どもの頃からやっていたから

それだけです。

朝の会、帰りの会をやる意義は
・学校生活のリズムを作る
・話を聞く姿勢を身に付ける
・担任のメッセージを伝える
・心身の状態を把握する
・1日の見通しをもたせる
・1日を振り返る

という大義名分があるようです。

この中でも
「健康観察」や「担任からの連絡」
は必要でしょう。

では、実際の朝の会・帰りの会はどうなっているでしょう。

【朝の会】
 ①朝の挨拶
 ②健康観察
 ③今日のめあて
 ④朝の歌
 ⑤1分間スピーチ
 ⑥係からの連絡
 ⑦先生から


【帰りの会】
 ①今日のめあてを守れたか
 ②今日のよかったこと
 ③今日の困ったこと
 ④係からの連絡
 ⑤帰りの歌
 ⑥先生から


それぞれプログラムはこんなもんでしょうか…。

朝の会の大原則は、

1時間目の授業に影響しない

ということです。しかし、

1時間目が始まってから歌声が聞こえてくる
マンネリのスピーチをする
先生の話がいつまでも続く


ということが見られます。最もよくないのは

子どもが健康観察をする

ことです。係の仕事と銘打ってやらせているようですが
本来、先生が子どもの健康状況を把握するための健康観察です。
それを子どもに任せるのはどうでしょうか?
さらに、健康観察カードに子どもが書くために
養護教諭が困っているケースも見られます。
また、そのカードを見て出席簿を付ける担任もいるので
間違って書き写してしまうケースも散見されます。

帰りの会では、

係からの連絡が延々と続く
形式的な「いいこと」発表する
女子が男子の「悪事」を糾弾する


など、いつになったら帰れるの?という学級も多いです。

リズムを作るというのであれば、

朝の会は
「挨拶」「担任が呼名をして健康観察」「連絡」

帰りの会は
「明日の連絡」「挨拶」

これだけでいいのではないでしょうか?
その方が、「しっかり聞き」「時間を守る」子どもに育つと、私は考えます。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。