2018年03月09日

ビルド&ビルドで、センセイは潰れる



企業で新規事業を行うときには、前の取組や成果が上がらなかった取組を廃止します。スクラップ&ビルドしないと、企業は業績が上がりません。

しかし、学校はこのスクラップができないのです。

それは何故か。

ほとんどの学校の取組には大義名分があるからです。
『全ての子供の学力を高める』
『子供たちの体力低下を食い止める』
『不登校児童を減らす』
『いじめをゼロにする』
『教師の指導力を高める』
など、どの取組もハッキリとした目的があります。

だから、一度始めたら止めるわけにはいかないのです。

OECD学習到達度調査(PISA)で、学力が低下した日本の15歳ですが、脱ゆとりで、『科学的応用力』『読解力』『数学的応用力』の3分野は、いずれもV字回復しました。

要するに、日本の子供たちの学力は高まってきたのです。

しかし、全国学力・学習状況調査はなくなりません。全国の教育水準をはかるという名のもと、都道府県の競い合いは続きます。

同じことが、体力テストにも言えます。
 
文科省から降りてくる取組や調査物で、スクラップされたものはほとんどありません。
さらに、教育委員会からの取組や調査物、学校の取組……

とにかく、ビルド、ビルド、ビルド………

これではセンセイは潰れてしまいます。
そして、センセイが一人潰れると、学校が回らなくなります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。