2018年02月14日

ホウレンソウは調理が肝心



職場でよく言われる『ホウレンソウ』

ホウ・・報告
レン・・連絡
ソウ・・相談
のことですね。

これが大切なのは分かりますが、全ての事案についてホウレンソウできるかというと、そうでないものもあります。

主任で処理すること、教頭止まりにしておくこと……

【ケース1】
A小学校の校長センセイは、なんでも知っていなければ済まないタイプ

教頭センセイに全てを《ホウ》告させます。もちろん大切なこともありますが、「○○と△△が喧嘩をしました」「□□センセイが車を買い替えました」のような事まで伝わらないと、「なんで知らせないんだ!」と怒鳴ります。教頭センセイは伝え漏れてないか、いつもビクビクして疲弊しています。

【ケース2】
B小学校の校長センセイは、判断ができないタイプ

センセイ達に《ソウ》談が大事だと常に話しています。しかし、校長センセイに相談した答えは、たいがい求めている方向と違います。改善策を提案しても「そんなことやらなくていい」。新しい発想を伝えても「前例がないことはやらない」。校内のことを相談しても「教育委員会に聞いてみる」。
そして出した校長センセイの返答は、ことごとく裏目。いつの間にか、センセイ方も何もしなくなりました。

ホウレンソウが大事という前に、ホウレンソウされたら、確かな判断、そして明確な回答ができるような校長センセイでいてほしいものです。それが校長の資質です。



Posted by nori910 at 20:08│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。