2017年12月06日

子どもファーストの働き方改革であってほしい



センセイの本務は授業です。
それは前回書きました。

今後行われる「教員の働き方改革」が子どもファーストであることを願っています。

1つは、子どもにいい授業をするための準備の時間を作るための業務改善

もう1つは、子どもと直接関わる時間を増やすための時間の確保

これらは、直接子どもに関わることです。ぜひ、このために改革が行われることを願っています。

そうではなく、そこに教員のエゴが見え隠れし、教員サイドの見方で改革が進むようでは、学校教育は廃れます。

もちろん、教員も労働者ですから、過重労働を強いたり、過労死レベルの超過勤務をさせたりすることは避けなくてはなりません。

取組をやめる、業務を軽減する、時間を減らす
そういったときに、それが「子どものためになるか」という視点を常にもつべきだと、私は思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。