2018年01月05日

センセイを引っ張るリーダーとしての校長の姿



読売新聞の「くらし 教育」の欄に『教育ルネッサンス』という連載記事が掲載されています。

現在の教育の課題に鋭い切り口で書かれていることが多く、読み応えがあります。

1月5日号には、校長がいかにセンセイ方を牽引していくか、という内容が書かれてありました。

学校の舵取り役である校長に、今まで以上に注目されています。

校長は、センセイ方はもちろん、子供、保護者、地域に、「目指す方向性を明確に示す」必要があります。

守り固めるスタイルからの脱却こそが、学校が再生する道なのです。  


Posted by nori910 at 10:16Comments(0)